高学年になっても後悔しない!ランドセルの色とデザイン選び

子供を見つめる

最近のランドセルはカラフルで、種類も豊富です。子供が欲しがる物を買ってあげたいという親心の一方で、当の子どもは小学校の6年間で劇的に成長します。
幼稚園の時に選んだランドセルを、高学年になっても使ってくれるのかと頭を抱える親御さんも多いことでしょう。
そこで、親子で納得のいくランドセルの色、デザイン選びのポイントを紹介します。

「定番色、シンプルなデザイン」
定番の黒や赤のランドセルに加え、シックなブラウンやネイビーは傷や汚れも目立ちにくい万能カラーです。刺繍やラインストーンのついたものはその部分の劣化がどうしても目立ってしまうので、最初から選ばない方がベターでしょう。そういったものを敢えて選ぶ時は、六年間無料保障の有無のチェックが重要です。

「メーカーや色を絞る」
子どもの成長後の好みを考える、といった長期の見通しは難しいものです。それならば、子どもに選ばせる前に親がメーカーの公式ページなどで色・デザインを絞り込み、無難な候補を絞ったうえで選んでもらいましょう。

「子どものお気に入りが一番」
子どもの好みは変わりやすいので、何がベストなのか結局のところ正解はありません。
新生活に踏み出す子どもを応援するためには、結局は子どもが選んだ物が一番です。

「好みが変わった時の対処法」
子どもなので、環境や成長によって、好みが変わるのは仕方のないことです。
しかし、だからといって買い替えは現実的ではありませんので、そんな時はランドセルカバーを使うという手もあります。

PICK UP