ランドセルの後悔しない選び方とは

ランドセルが並ぶ

ランドセルの賢い選び方を紹介していきます。
まず色ですが、最近は種類も増えて、好みや自分らしいファッション性という観点から選ぶことができるようになりました。一昔前は男子であれば黒、女子は赤とほぼ決まっていましたが、今は好きな色が選べます。
しかし長く使うことを想定したときに、好みや考え方が変わって後悔しないようにという観点も加味すれば、無難な色、さらには刺繍などの装飾も控えめなシンプルなランドセルがおすすめです。
ちなみにあるアンケート結果によると、昨今であっても選ばれた色で最も多かったのが男子であれば黒、女子はピンクと赤という定番の色だったそうです。
次にランドセルのサイズですが、基本的に数パターンの中から選べます。一番おすすめするのは最も大きなサイズで、「A4サイズ」に対応しているものです。大きめサイズですので厚みのある教科書にも対応できます。なお、他の少し小さめの物と比べても、サイズは大きくても重量はそう変わりません。
次のポイントは頑丈さです。長ければ6年間使用する物ですので、綺麗かつ安全に使用できる工夫をそれぞれのメーカーがおこなっています。例えばあるメーカーは、強度を増すために軽くて丈夫なプレートを内部に使用しています。
このように「長く使うこと」を忘れずに選ぶと後悔しないでしょう。

ランドセルを選ぶときに忘れてはいけないポイント

ランドセルを選ぶときには、単にその時の流行や好みのデザインという点だけで決めてしまうと後悔するかもしれません。ではどうやって選べば良いか、いくつかのポイントをあげていきます。
成長期である子供がほぼ毎日背負うものですので、「背負いやすいか」が大切です。まず、細部が可動式のものが良いでしょう。たとえば背カンはランドセル本体と肩ベルトをつないでいるもので、これが固定式になっていると子供の体への負担が大きくなります。一方で可動式なら、体格の変化にも対応しやすいのです。
次に「背負いやすさ」に関わってくるのが肩ベルトの形状です。ここは各メーカーが工夫を凝らしている部分でもあります。形状の工夫や、体格の変化に対応できるように長さが調節できる仕様になっていたりと、様々な種類があります。これもやはり長く使うことを前提としたランドセルならではのことでしょう。
そして最後が背中のクッション加工についてです。きちんと背中にクッションが入っていると長時間背負っていても体への負担が少なくて済みます。しかしクッションが不十分だと背中が痛くなってしまいます。これもやはり各メーカーが工夫を凝らしている部分です。
このように、成長期の子供が長く使うことを考えたときに「背負いやすさ」がいかに大切であるかということを認識したうえで、ランドセル選びを進めていきましょう。

気になるランドセル選びのはじめ方

今どきのランドセルは、色やデザイン、軽さなど、バリエーションが豊富です。種類がたくさんありすぎて、どのように選べばよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?また、最近ではランドセルの購入活動を指す「ラン活」という言葉も浸透してきました。いつから、何から始めたらよいのか、ランドセル選びのはじめ方を紹介します。
年々早まるランドセル購入時期ですが、夏までに注文を終えるご家庭が多いようです。動き出した時には展示会が終わってしまうということもあります。ネットで下調べをしていても、実際に手に取らないとわからないこともあるので、情報収集は早めに始めるのが必須です。まずはカタログをいくつか取り寄せて、子供と一緒に見てみましょう。親が気に入ったものでも、子供の好みに合わないということはしばしばあります。色々と見ているうちに、何を重視したいのかわからなくなってしまうこともあるので、親子ともに納得できる条件を事前に相談しておくのがおすすめです。子供の好みの変化が早く、高学年になっても気に入って使えるかどうか心配な場合は、朝の通学路で先輩小学生が歩いている姿を見て、イメージを膨らませてみるのもよいかもしれません。
子供が6年間使うランドセル。満足できるものに出会えるよう、情報収集を早めにして、納得の選び方をしましょう。

PICK UP